フォト

その時々

  • さて、どこでしょう?
    ねこおやじが撮影した様々な写真。 その時々の一瞬の風景の切り取りです。

海外の風景

  • アムステルダムの風景(その2)
    ねこおやじが出張で行った海外の風景です。

ねこたち

  • 久しぶりの散歩(ぺー)
    以前飼っていた猫たちの写真です。 今年初めにぺーちゃんが亡くなり、家に猫がいなくなっちゃいました。寂しい。

2015年12月13日 (日)

ポーターのペンケース

Cimg0848s

ポーターのペンケースです。

表側が牛革、内部が馬革で、まさに大人の風格を感じるペンケースです。

大きさは、パイロットのDr.Grip、フリクションビズ4、プラチナのセンチュリー#3776万年筆、Ito-yaのロメオ多機能ペンが入って、ちょうどよいぐらい。大きくもなく小さくもなく、程よいサイズだと思います。

Cimg0851s_2

表面の光沢感、内装のしっかり感がたまりません。作りは流石にポーター、しっかりしています。

こういう系統のペンケースなので、さすがにお気に入りの万年筆やボールペンを入れるのは(ペンどうしがあたって傷つくので)難しいですが、普段使いするペンを入れて持ち運ぶにはぴったりです。

表面の革がどういう変化をしていくのか、楽しみです。

(gallery of GALLERIA(通販)で購入)

つくしペンケース

Cimg0846s

なかなか手に入りにくい「つくしペンケース」を入手しました。

生地がしっかりしていて、やわな感じがないので、使いやすそうです。どういう使い方をするか、いろいろ考えてはいますが、まずはオーソドックスな使い方から。

Cimg0854s

ロディアNo.12とペンを6本。

ペンは、左からクルトガ、キャップレス万年筆、フリクションビス2、コクーンのローラーボール、ボールペン、万年筆です。このぐらいの太さのペンであれば、しまった時に膨らまずに済みます。

自分は、ペンケースを左手側に置く場合が多いので、右側のポケットにロディアを入れておくと、ペンケースを置いた際に安定します。

ところで、このコクーンのローラーボールは、日本未発売で、アメリカのアマゾンで購入したものです。日本ではニーズがないのでしょうね。また、万年筆は、今年限定品として発売された、マーブル模様版です。

さて、つくしペンケースですが、ぱたんと開くので、机の上に置くのも使い勝手がよさそうです。ジッパーの動きも軽やかで引っかかりもありません。

会議にちょっと出かける際に、さっと持ち出す、というシーンでの使い方がよさそうな気がします。

(niguramu(通販)で購入)

2015年12月12日 (土)

ナガサワのオイルキップ

Dscf0317s

これは、ナガサワ文具のオイルキップ3本差(S)です。

ペリカンのスーベレーンM400程度のサイズは確かにぴったり。パイロットのタイムラインも丁度よいサイズです。

Dscf0318s_2

一方、写真のように、フリクションビズ2ぐらいになると、ちょっと頭が飛び出ます。

もともと、ペリカン スーベレーンM400、R400、K400を入れる予定で購入したのですが、なんとなく、何かに挟んでつぶれないか心配になってしまいまして。

結局、自宅用として使っています。

2015年12月11日 (金)

ガルフストリームのペンケース

Dscf0315s

ガルフストリームのペンケース(大)を購入しました。

独特の形ですので、割とかさばります。大きい割に、形状の影響か、それ程たくさんのペンは入りません。

パイロットのDr. Grip、フリクションポイント4、Dr. Grip 4+1の3本に、あと1~2本細身のペンを入れて、ちょうどよいくらいです(まぁこのぐらい入れば十分でしょう)。

というかこの3本を入れるのにちょうどよさそうなペンケースを探してて、これを購入してみました。

取り出しやすいのがメリットでしょうか。また、見た目も、黒に赤のステッチが映えます。

このシリーズは、ペンシース(ペンシェラフという言い方のほうがよいでしょうね)もあります。こちら。

Cimg0844s

(入れているのは、フィオレンティーナの万年筆とボールペンのセット。)

キャメル色もよいです。

Cimg0845s

このペンシースは、おおむね2本入れと思えばよいでしょう。革もしっかりした感触で、柔らかすぎず硬すぎずで、ちょっとペンを持ち出すにはちょうど良い感じです。

(全てPEN'S ALLEY Takeuchiで購入)

2015年8月18日 (火)

Windows10について

先日、Windows10にアップグレードしてみたので、状況報告を少し。

Windows7のPCを2台(デスクトップとノート)、Windows8.1のデスクトップPCを1台の計3台をアップグレードしてみました。

結果は、いづれも特に問題なく更新でき、使う上でも特に問題なし、です。

・・・なんですが、多少いろいろありまして。

Windows7のデスクトップPCは、マウスコンピューター製のプレインストールモデルですが、どうやらHDD(実際にはSDDに換装済み)のシステム領域が100MBしかなかったので、アップグレード時に「できません」と言われまして。仕方なく、EaseUS Partition Master 10.5でパーティション変更(100MB→350MBに拡張)。

これがドキドキ(なんかのはずみに失敗したらわやになるかもしれんので)。

そして再度アップグレード実施・・・うまくいきました。

が、こんどは起動時にブルー画面出現・・・これは音源に使っているTASCAMのUS 144MarkIIのドライバーがダメと言われ、ドライバーを更新したら、問題なくなりました。古かったのが原因かな?

このPC以外は、まったく問題なし。

ソフトは、いまのところどのソフトも不具合なく動作してます(Office、iTune、X-appli、などなど)。それ以外のソフトはボチボチつかってみようか、というところ。まずはCubaseからかな。

フォントがダメ。見にくくてしょうがいないので、定番の「メイリオUIもだいっきらい!」でフォント変更。

Microsoft Edgeは、そこそこ使いやすいのではと思います。

全般的な動作は特に違和感なし。もはや、OSで動作がサクサクするとかしないとかは、大昔の話ですね。ハード性能がすべてにおいて問題解決しているのでしょうねぇ。

それにしてもスタートメニューで「電源」→「シャットダウン」がやっぱ使いやすい。ほんのちょっとしたことだけど。

2015年8月17日 (月)

レミケード点滴してはや1年

あっというまに1年が経過しました。

あれほど悩ましかった潰瘍性大腸炎とその合併症は、レミケードの点滴のおかげで、すっかり症状がでなくなりました。
来週は、1年ぶりの大腸ファイバースコープ検査。
ああああ、またあの2リットルの下剤を飲むのかぁ
さてさて。
先週、名古屋のフライングタイガーとモゾタウンに行ってきまして。
フライングタイガーは・・・うううん、おやじにはちょっとスコープ外の場所かな。
モゾタウンは、KDM(文房具屋さん)とムーミンスタンドを目的に行きました。かなりの店舗が改装中のため、ちょっと寂しいかも。
秋に新装オープンしたら、また行ってみよう。
にょろにょろの種が、USJのとこのお店と比べて少ないような気が・・・。USJんとこの店は増量中だったのかもしれませんが。
おとといは、JR高島屋の東急ハンズに行ったついでに、有名なポップコーン屋さんでポップコーンを買おうとしたのですが、1時間待ち。お盆の最後の日の日曜日の夕方、なんてまた人が一番多い時ですから、無理でした。残念。

2014年9月11日 (木)

レミケード点滴2回目

今日は、2回目のレミケード点滴治療でした。

前回は二週間前だったのですが、その後、血便は無くなり、体調も概ね良好になりまして。ただ、点滴後の数日間は、だるさや微熱や脱力感はありました。あと、レミケード点滴後、2日くらい便秘っぽかったかな。

今回、点滴前の血液検査では、CRP値は0.1になっており、正常。

で、点滴前に医師や看護師さんから「2回目はアレルギー反応が出るかもしれないので、慎重にやりますよ~」と、にこやかに言われまして。

そんな、びびりますよ。

前回同様、15分おきにバイタルの確認を2回し、流量を調整して2時間でレミケード点滴終了。その後、様子見のためにさらに45分間点滴(生理食塩水だと思ったが)して、終わり。

今のところ特に体調変化無く、良好。前回の時のようなだるさは今のところ感じません。

ただし、ステロイド20mg服用の副作用が出始めまして、腕・肩・背中に発疹がぱらぱらと出てきました。あと、歯茎の裏が痛い。

現在の薬の服用・利用は、レミケードに加え、

ステロイド(プレドニゾロン) 20mg/朝
アサコール 3錠x3回
ガスター 1錠x2回
ペンタサ注腸 1回
アクトネル(骨粗鬆症予防の薬) 1回/週

です。かなり万全の体制?です。

次回点滴は、これから4週間後の10月9日です。

ステロイド20mgとレミケードの併用では、免疫力がガクッと落ちますので、今はマスク必須。手洗いジェルも必需品です。この時期(夏)にマスクしてると、周りの人から、なんかいぶかしがられますが、気にしてはおれません。

«レミケード投与後3日目