2010年8月10日 (火)

入院中(第7週)

入院中、毎日つけていた日記です。

この週で退院出来ました。
筋トレ中心のリハビリもかなりこなせるようになりました。課題としては、筋肉の持久力が未だ不十分であることと、左右差が大きいことです。この左右差は、現時点(8月10日)でも課題です。左足側の痺れは自然に治るのを待つとして、股関節まわりの筋肉が弱いのを改善・強化していくことが、退院後のポイントとなりました。

■7月13日(火)
今日のPTは、いつものメニュー(*)だった。ペッパーは15回、足上げ腹筋は30回出来た。また、腕立て伏せは14回だった。ただし、課題の2セット目は6回。5kgのアンクルウェイトをつけた足上げは、だいぶ楽に出来るようになった。
今日からボウリングの投球フォームでお手玉を投げる練習も追加。これが結構足にはきつい。
リハビリ科の主治医の先生とお話し、16日か20日に退院可と言われた!
握力: 右55kg、左40kg

【注】*
この時の筋トレメニューは、以下のとおりで、現在も自宅で自主トレしています。
下記①~⑪までを2セット実施しました。

①10kgのウェイトでリストカール 20回
②10kgのウェイトでアームカール 10回
③足上げ腹筋 30回
④背筋 30回
⑤5kgのアンクルウェイトでもも上げ 30回
⑥5kgのアンクルウェイトで足上げ 30回
⑦腕立て伏せ 15回(目標)
⑧5kgのウェイトで僧帽筋強化 20回
⑨カーフレイズ 50回
⑩足首の筋トレ 10秒x3回
⑪ペッパー 15回
⑫レンジ 10mx3本

■7月14日(水)
今日もいつもと同じメニュー。
退院日を16日に決めた。
リハビリ科の主治医の先生から、日常生活は大丈夫そうだが、会社は出来るだけ無理をせず、徐々に慣らすようにと言われる。
退院が決まってほっとした。
入院中は、「心と向き合う」時間も多かったように思う。自分の心にも他人の心にも。
握力: 右57.5kg、左42.5kg

■7月15日(木)
今日もいつもと同じメニュー。
1階から5階の階段上り下りは相変わらずきついが、最初に比べて随分とへばらなくなった気もする。明日退院するが、今までPT、OTの担当の先生は今日が最後だった。皆さんのおかげで随分と体力も筋力もついたと思う。本当に感謝の気持ちで一杯。
大きな筋肉の回復は出来たので、これからはインナーマッスルの強化・矯正が主体になると思う。実はこれからが一番大変なのかも知れない。
握力: 右57kg、左42kg

■7月16日(金)
10時に退院となるので、朝1時間だけPTを実施。
初めて担当する先生だったが、結構ハード(笑)。因みに女性のPTの先生でした。バランスの取り方や、レンジを中心にしたメニューだった。回復したといっても、まだまだ不十分だということを思い知らされた。
11時前ぐらいに宇野病院を退院。過ぎてみればあっという間だが、1ヶ月半の入院生活は、思った以上に長かった。1ヶ月前は、歩くのもやっとだったし、腹筋とか5回ぐらいしか出来なかったことを思うと、不思議な気がする。
これでもまだ軽い症状の方だったと思うので、重症の方の大変さは想像を絶する。
まだこれから通院リハビリと自宅での自主トレで、改善することは沢山あるし、ボウリングを再開できるのもいつか全く分からないが、気長に一つ一つ課題をクリアしていくしかない。
家族に本当に感謝の気持ちで一杯。そして色々と支えてくれた人達にも感謝。

入院中(第6週)

入院中、毎日つけていた日記です。

この時期の課題の一つが「持久力」で、このために病院内の階段を1階から5階まで上ったり降りたりする訓練が始まりました。これは相当きつくて、汗だくの毎日でした。

退院に向けて、順調に筋力が回復してきた一方で、出来ないこと・弱い部分がよりはっきりしてきました。出来ることが多くなるにつれ、出来ないこと-それがいつ出来るようになるか、はっきりしないのですが-が分かるのは、結構ストレスになり、精神的にも割と辛い時期でした。こういう時に、病気のことを理解してくれる人が傍にいてくれたら、と思うことが多かったです。

■7月6日(火)
今日もPTでハードなリハビリ実施。
上部腹筋の筋トレ30回は余裕が出てきた。下部腹部の筋トレ(足を空中で交互にばたつかせる方法)は80回だったのが120回になった。ペッパーも10回から11回、腕立て伏せは7回。片足立ち・ジャンプ・平均台歩き?も出来るようになり、これで外出リハビリの許可が出るとのこと。
駆け足と階段を下りるのは課題がある。
握力: 右49kg、左36kg

■7月7日(水)
今日は七夕。織り姫と彦星は出会えたのでしょうね。
2週間前は、まだ市民病院にいた。この時は、腹筋は10回が限界だった。この2週間で随分筋力は回復したと思う。PTの先生曰く、もともと筋肉が細くなったのではなく、神経の問題で出力を出せない状態だったのが、少しずつ出来るようになったとのこと。
腹筋は、足をばたつかせる方法から、両足を伸ばしたまま上げる方法に変更。
階段を1階から5階まで駆け上がるトレーニングが追加になる。
今日も片足立ちは30秒以上出来た。但し、左足側は、重心が外にあるので姿勢としては良くないらしい(*1)。
物を見ると、なんとなく左右差のズレが有る感じ。階段の立体感が分かり難い。右目と左目で見た物が重なりにくいという感じ。先月からあったのだが…。神経内科の先生は、眼球の筋肉の動きに神経の問題があるのかも?とのこと(*2)。詳しいことは分からない。因みに、感覚障害は、1~2年かけて治るものだと言われた。
片足立ちでお手玉をとる練習も実施。足首から膝でバランスをとることが難しい。
握力: 右50.5kg、左41.5kg

【注】
*1:この左側の問題は現在もあり、リハビリで左側股関節周りのインナーマッスル強化が課題です。これが改善されるまでボウリング不可です。
*2:老眼もあるので、退院後に眼鏡を新しく作りました。左右のズレは、眼鏡にプリズムを入れ矯正してます。

■7月8日(木)
朝、ぐっすり寝れた。でも身体が痛い。
足上げ腹筋は20回。手首の筋トレとアームカールを、5kgの鉄アレイから10kgの砂袋に変更。これで10回は結構きつい。腕立て伏せが12回出来た。
午後のPTで、病院内の20分間1階から5階まで階段の上り下りして歩き回るトレーニングが追加。これはかなりきついし、何しろ汗だくになる。この階段上り下りの後、いつもの筋トレメニュー実施。もうくたくた。OTでは、1kgの鉄アレイで手首周りのインナーマッスルを鍛える訓練実施。
今日で宇野病院入院3週間目。
握力: 右50kg、左37kg

■7月9日(金)
今日のPTは筋トレは無く、感覚チェックのみ。
足が直ぐに痺れる。それと座っているとき、足のつま先よりかかとに力を感じる。
何故足が直ぐに痺れるのかPTの先生に聞くと、正しいかどうか分からないが、推測では、病気により末梢神経の伝達が悪い為、筋肉への入力情報が乏しく、筋肉の弛緩や緊張のコントロールがなめらかに出来ないことで、どちらかというと筋肉が張りっぱなしの状態になっていて、それで痺れるのでは?とのこと。
握力: 右51.5kg、左37.5kg

■7月10日(土)
午前中、PTで120分間ハードなメニューをこなす。
いつものメニューに加え、ボウリング向けのトレーニングも追加。
階段歩行は少し楽になった=持久力も少し良くなった。腕立て伏せは、最初のセットで12回できるが、次のセットで4回と、大きく落ち込んでしまうのが課題。ペッパーは14回。
午後、自宅外泊の為に家に帰るついでにイオンに立ち寄る。「借り暮らしのアリエッタ」の前売り券を購入する。2時間程度イオンをうろつくが、さほど疲れは出ないし、なにより人が歩き回っているのが怖くなくなった。
握力: 右51.5kg、左40kg

■7月11日(日)
今日は1日外出して、夜に病院に戻る。筋肉痛はあるが、易疲感は無い。今日も午前中にイオンをうろつくが、さほど苦にならない。
握力: 右52kg、左40kg

■7月12日(月)
今日はOT、PTそれぞれ3単位のみ。
筋肉痛は和らいできたが、背中の痛みが多少遺っている。
今日のOTでは手・指先の感覚の確認実施。また、12分間トレッドミルを歩く(傾斜5度、速度4.0km/h)。いづれも問題なし。
午後のPTで足先の感覚の確認実施。ふくらはぎの動きに連動して足が痺れる。
今日で入院生活6週間が終わる。
握力: 右53kg、左41kg

2010年8月 5日 (木)

入院中(第5週)

入院中、毎日つけていた日記です。

この週から、基本的に毎日のべ3時間(9単位)リハビリを行いました。特に筋トレが本格的になり、かなりハードなリハビリとなりました。

最初はバテバテで筋肉痛もありましたが、なんとかこなしていくうちに慣れてきて、その上、筋肉の動かし方というものを把握出来るようになりました。その為か、一週間後には、有る程度の筋肉の耐久性やバランスの取り方に向上が見られました。一方で、感覚異常とか下肢遠位部の違和感みたいなものが、より如実に感じるようになったと思います。

因みに、リハビリはPT(Physical Therapy)とOT(Occupational Therapy)の2種類を実施し、PTでは筋トレ・筋肉や感覚のチェックを、OTでは細かい手作業関係の訓練・確認を行いました。

■6月29日(火)
朝9時からリハビリ。今日は、いきなり筋トレだった。
座って立つ動作を20回、腹筋20回、バタ足30回、背筋20回、5kgの鉄アレイでの手首曲げ20回・アームカール20回・胸前でのアレイあげ20回、3kgのアンクルウェイトで腿上げ30回。これを2セット実施。更に、レンジ10mを3本実施。これがきつい。
片足立ちは、右14秒、左10秒。足首が耐えきれなくて、直ぐにバランスを崩す。前後に揺れてしまうし、基本的な片足立ちの姿勢がとれていないと言われた。因みに研修生(24歳)もPTの先生38歳)も、上半身がまったくぶれずに30秒以上平気で立っている。
階段の上り下りは、上りはいいが、下りが難しい。下りでつま先から足を出せない。
廊下を早歩きから小走りさせられると、5m程で膝から落ちる。これが未だに改善されない。足首のコントロールもままならないし、本当にリハビリで治るものなんだろうか?
15時半からも筋トレ。同じメニューで、かなりきつい。
握力: 右46kg、左41kg

■6月30日(水)
通販で購入したタニタの握力計を持ってきてもらう。使ってみると、病院のデジタル握力計と殆ど同じ数値。
今日も朝9時からPT実施。昨夜は寝ていても足が重かった。今日は、いつもの筋トレに加え、廊下を大股で歩いたり小走りしたりした。歩幅が小さいので、歩幅を大きくとることと膝を伸ばす歩き方を練習したが、なかなか上手くいかない。小走りの時、骨盤の位置が上下に大きく動いてしまうのがダメらしい。
午後はOTを80分実施。更にその後PTで再び筋トレ実施。
握力: 右45kg、左40kg

■7月1日(木)
筋肉痛・・・。
朝10時からPTで筋トレ実施。今日は歩くときの歩幅は大きくとれた。片足立ちは、足首の問題だけでなく、体がバランスの取り方自体を忘れているらしい。
OTでは、左手での作業が相変わらず少し不器用。
夕方のPTでは、いつもの筋トレに加え、ペッパーをやる。これがすごくきつい。腕立て伏せは昨日4回しか出来なかったが、今日は6回まで出来た。
体重が増えてきた。何でだろう?
握力: 右47.5kg、左40kg

■7月2日(金)
今日は、かなり筋肉痛がきている。肩と背中が痛い。そのせいで余り寝られなかった。
不思議な夢を見ていた。
今日のOTでは、手の中でボールを転がすことと、手首の筋トレを実施。
握力: 右52kg、左40kg

■7月3日(土)
午前中ずっとPTとOTで埋まる。歩き方は随分良くなったと言われる。
午後、自宅外泊。やはり病院の内と外では環境が違う。リハビリで疲れる筋肉とは別のところが痛くなる。特に、色々歩き回るとアキレス腱辺りが痛くなる。
スポーツオーソリティーに行って、腕立て伏せ用の器具と2kgの鉄アレイ(手首強化用)を購入。
握力: 右50kg、左42kg

■7月4日(日)
朝、水道の水漏れ発生し、修理屋を呼ぶ。
午後病院に戻り、15時からPT実施。
昨日まで、寝ている状態で足をゆっくりと上げることが出来なかった(勢いをつけるとスッと上がるが、ゆっくりやろうとすると足が突っ張って上がらない)が、突然出来るようになった。おしりをテコの原理のように支点として使い、股関節周りの筋肉を使って足を動かせばいいのだ。
リハビリ中、会社の先輩がお見舞いに来て下さり、あしながおじさんのシュークリームを頂いた。お会い出来なかったのが残念。
握力: 右50kg、左40kg

■7月5日(月)
筋肉痛で体中痛い。今日のPTでは筋トレ無し。
足をゆっくり上げる方法は、PTの先生に聞くと、その通りとのこと。インナーマッスルをしっかり使うことが大事とも言われる。午後、足首と膝の位置感覚をチェックされる。分かり難くい。(*)
昨夜から片足立ちが突然出来るようになった!つま先に力が入るようになり、地面を足の裏で握りしめる感覚も少し分かる。
夕方に、リハビリの主治医の先生とお話。7月中旬には退院出来るだろうと言われた。但し、市民病院の神経内科の先生の受診もしましょうと言われた。
腕を引っ張られて足で踏ん張るのも出来るようになった。嫁さんには勝てる。
夜、会社の先輩と後輩が見舞いに来る。「見た目全然元気そうだね」と言われる。確かに見た目は全然元気そうに見えるでしょうね。
握力: 右50kg、左40kg

【注】*
この足首と膝の位置関係の感覚は、未だにぱっとは分からない。特に左側は顕著。両足とも、膝や足首(くるぶし)の関節の動きが感覚として分からないからかも知れない。