« 2010年11月 | トップページ | 2011年7月 »

2010年12月

2010年12月12日 (日)

肩の痛み

昨日の夜から、肩~背中にかけて激痛があります。昨日、2時間ずっと座りっぱなしで話を聞いていたので、姿勢を変えたりも出来ず、筋疲労になったようです。今日は一日中肩を温めながら、安静にしていました。

理学療法ジャーナルの4月号に、「神経筋疾患に対する筋力増強」という記事があります。そこでは、

  • 神経原性疾患では、感覚障害や筋力のアンバランスにより、関節運動の反復による筋腱組織、関節包などの軟部組織炎症が生じる危険性も高く、注意が必要。
  • 脱神経により運動単位が減少することにより、運動単位の動員が制限される。これにより筋力を上昇させると各運動単位に高い活動レベルを強いるため、高い疲労性を示す要因になる。
  • 健常者に比べ、ギランバレー症候群患者では中枢性疲労が高い。これは患者の筋疲労に中枢の変化が関与していることを示す。

と記述されています。

自分の体験上も、これらのことはある部分あてはまるかなと思います。ただ、どうにも痛いとか筋疲労を感じる場合に、どう応急処置をすればよいのかまでは記述がなく、色々ネットで調べても情報が無いので、どうすればよいか迷います。

明日のリハビリで先生に確認したいと思います。

2010年12月 5日 (日)

痛みに変化無し

リハビリを再開して、約1ヶ月が経過しました。

下半身のふらつき度合いは、多少は良くなりましたが、肩~上腕にかけての(腕を横に上げたときの)痛みは依然として有ります。

PT/OTで色々と調べながらのリハビリなんですが、現時点での状況を纏めると、

  • インナーマッスルが全体的に筋力低下している
  • アウターマッスルが緊張状態である(堅い)
  • 肩の関節部分のインナーマッスルが弱く、結果として関節の噛み込み状態?が悪い
  • 左脇から右胸にかけて筋肉が固まって?いる

という感じらしいのです。要するに、インピンジメント・シンドロームであろう、ということでしょうか。特に、横に上げた腕を捻る時とか、下におろそうとしたときに、かなり痛みます。(イメージ的には、肩が抜けそうな感じがする。)

従って、今はホントにインナーマッスルの強化程度しか出来ないらしいです。問題は、こうなってしまった原因が何か?なんですが、ギランバレー症候群の後遺症悪化という一言でホントに正しいのかは、自分的には疑問もあります。

ただ、筋力の回復状態というのはリニアにはならないと言われ、良くなったり悪くなったりしながら、大きく見れば少しずつ良くなる、というものらしいですので、今は悪い状態になっているのかも知れませんね。ここら辺は正直よく分かりません。

ともかく、現在は、バランスボールやストレッチポールでストレッチをしながら、チューブトレーニングでインナーマッスルを鍛えている状態です。なかなか時間がかかりそうです。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年7月 »