« 入院までの経緯(その2) | トップページ | 入院中(第2週) »

2010年7月30日 (金)

入院中(第1週)

入院中、毎日つけていた日記です。

■6月1日(火)
ギランバレー症候群の疑いで市民病院で検査。
足が前に出にくく、足の甲が突っ張った感じがして、もう1週間近く経った。神経内科の先生の問診や触診の時、先生が腕を引っ張るテストを実施。
腕を胸の前で曲げ、それを先生が引っ張ると、力なく腕が伸びる(要するに抵抗して曲げたままに出来ない)。握力を計測すると、なんと右18kg、左19kg。脱力が下肢だけかと思っていたら、上肢も症状があった。(但し、この時の計測結果は若干不正確な気がする)
因みに、この時点ではスクワットは出来た(少なくとも1回は)。
精密検査は後日行うのかと思っていたら、今日いろいろ検査すると言われた。
筋電図や心電図の検査はともかく、血液検査では7本採血。そして、なんといっても「腰椎穿刺(ルンバール)による脳脊髄液検査」!これが痛かった・・・思い出したくも無い痛さ(*)。でも、折角なので、採取した髄液を見せて貰う。無色透明の液体だった。
2時間安静にした後、先生から「髄液中の蛋白質の数値が基準以上あるため、色々な状況からみて、やはりギランバレー症候群でしょう。入院して下さい。少なくとも2週間ぐらいは入院必要でしょう。長ければ1ヶ月ぐらいかかるかも知れません。」と言われる。
自分では今まで何とか動けてはいたので、まさか今日入院する事態になるとは思っていなかったので、入院準備はまったくしていなかった。急いで家に帰り、晩御飯のカレーを食べて、夜、嫁さんに病院に連れて行ってもらう。

【注】*
後日、臨床検査士のお姉さんが「この検査だけは痛々しくて見たくない」とおっしゃられていました。髄液採取の様子は自分では見えないけど、相当なものらしい。背中に結構太い針を刺すのですね。
後にお見舞いに来てくれた知り合いの子や親戚のおばさんも異口同音に「この検査だけは見るのも嫌」と言ってました。でも、ギランバレー症候群の場合、髄液の蛋白質を検査する必要があるので、多分必ずこの検査は必要です。

■6月2日(水)
腰椎穿刺の影響なのか、酷い頭痛。鼻から脳に抜けるような頭痛で、とても辛い。今日は、朝から頭部MRI検査やX線検査を実施。
立っていると頭痛が酷く、殆ど横になってすごす。
握力: 右24kg、左21kg

■6月3日(木)
相変わらず頭痛が酷い。今日もMRI検査実施。また、リハビリについて説明有り。1kgの重りでアームカール(腕の曲げ延ばし運動)を20回やるが、きつい。理学療法士の方にボウリングの話をしたら、3kgの重りでアームカールをしてごらんと言われた。やってみたが・・・ムリ。3kgの重りを持ち上げることが出来ない。
夜、手足の痺れや、ちくちくする痛みを感じる。こういった感じは今まで余り意識したことがなかった。
相変わらず下肢に力が入らず、気を抜くと膝からがくっと落ちそうな感じ。猫背で歩くのがやっと。(*)
握力: 右24kg、左20kg

【注】*
この「膝から落ちそうになる」「猫背でしか歩けない」という状態が入院前からずっと続き、入院後により一層顕著になった。このため、歩き方が、ロボットのアシモの様になった。理学療法士の方は、「類人猿に近い歩き方」と指摘された。

■6月4日(金)
主治医の先生に、夜寝るときに手足が痺れたと言ったら、「点滴治療しましょう」と言われた。直ぐに「ステロイドパルス治療」と「免疫グロブリン大量療法」を開始。5日間連続で点滴するとのこと。(なお、ステロイドパルス治療と免疫グロブリン大量療法の点滴は合わせて5時間/日)
左手の甲側に点滴針を刺されたが、うまく刺さらず2回失敗…痛い。結局、左手の前腕裏側に点滴針を刺された。
点滴治療開始のため、週末の自宅一時帰宅はボツになった。
日に日に足の力が弱くなる(*)。ギランバレー症候群のせいなのか、余り歩かないからなのかよく分からない。
握力: 右24kg、左21kg

【注】*
後日、理学療法士から、この時の足の脱力は、病気のせいと言われた。と言うのも、この時点では未だいわゆる「廃用症候群」ではなく、この病気の特徴でもあるが、筋肉をうまく動かせて無くても筋肉量は十分有る(筋肉が細くなることは無い)状態だったため。

■6月5日(土)
今日も点滴治療。頭痛も治らない。歩くのもフラフラな状態。
週末は退院や一時帰宅が多いせいか、病棟は割と静か。自分以外は病室に誰もいなくなったので、個室状態。(病室は4人部屋)
といっても、余り歩けないし、頭痛もするし、点滴もしているので、殆ど寝てすごす。
握力: 右29kg、左24kg

■6月6日(日)
夕方、姉が見舞いにやってきた。久しぶりに会ったが、元気そうでなにより。
体調は相変わらず。頭痛が多少良くなってきた。それと、握力が少しずつ回復してきた。
握力: 右30kg、左23kg

■6月7日(月)
前腕の点滴針の先が赤く腫れてきて痛い。また、頭痛・胃痛・不眠も続く。(今日まで殆ど寝れていない)
看護婦さんにそう言うと、直ぐに主治医の先生が診察に来られて、「問題が有りそうだし、腫れている原因もよく分からないので、4日間点滴治療したのでこれで断念して止めましょう」と言われた。体が嫌がっているんですよね、きっと。
今日で入院して1週間が過ぎた。なんだかあっという間である。
握力: 右27kg、左30kg

« 入院までの経緯(その2) | トップページ | 入院中(第2週) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入院中(第1週):

« 入院までの経緯(その2) | トップページ | 入院中(第2週) »